EugeneSonの顔画像は?聖闘士星矢新アニメ瞬女性化で炎上

漫画・アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネビュラチェーン!!!

 

漫画家の車田正美さんが1986年~1990年に少年ジャンプで連載していた聖闘士星矢。

 

聖闘士星矢はアニメやゲーム、ボイスドラマや実写映画化など、その人気はすさまじいものです。

 

そんな聖闘士星矢がNetflixで最新シリーズ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』を2019年夏配信予定なのだとか!

 

しかし、聖闘士星矢の主要キャラクター、アンドロメダ瞬の性別が男性から女性に改変され、原作ファンが大騒ぎ!

 

いったいなぜアンドロメダ瞬は女性になってしまったのか?

 

今回はアンドロメダ瞬女性化騒動の内容や、女性にすると決めた脚本家のEugeneSonさんの顔画像ついて調べてみたいと思います!

 

アンドロメダ瞬とは?


アンドロメダ瞬は少女に見紛うほどの美少年。

 

幼いころから穏やかで、戦いを好まない心優しい性格のアンドロメダ瞬。

 

これが女の子だったら…

 

うん、普通。単なるおしとやかな女の子になっちゃうのでは??

 

男の子で聖闘士なのに戦いを好まない、でも誰より強い心と仲間を思う気持ちを持ち、強くなろうと努力している、というところが瞬の萌えポイントなのにね~。

 

というか聖闘士って普通に漢字変換出てきてびっくりしたよ!

 

おしとやかな女の子が、本当は戦いたくないけど戦わないといけない!と苦悩する姿も萌えかとは思いますが(笑)

 

ちなみに女性版アンドロメダ瞬はこちら。

聖闘士星矢 アンドロメダ瞬 Netflix 女性化 女体化 聖闘士星矢: Knights of the Zodiac

あんまり違いはわからないのですが…ちょっと胸がある??

 

聖衣の時はいまいち女性を感じないけど、普段着が公開されたら違和感を覚えるかも。

 

スポンサーリンク

アンドロメダ瞬が女性化した経緯

12月8日にYouTubeでティーザー予告が公開されました。

「なんでアンドロメダ瞬が女性になってるんだ!」

 

と日本のみならず、全世界のファンが批判。

 

これに対し脚本家を担当したEugene Sonさんは自身のTwitterで

 

「アンドロメダ瞬の性別変更は自分の判断」

 

と投稿。

 

「30年前であれば世界を救う戦士が少年たちでも違和感はないが、男女平等に働く現代において青銅聖闘士が全員男性であるという点に引っかかりを覚えた」

 

とのことですが…それとこれとは違くない??聖闘士には女性もいるし。

 

女性聖闘士にとって素顔を見られることは、裸を見られるよりも屈辱であり、素顔を見られた場合、その人間を愛するか殺すこと…という鉄の掟が存在します。

 

ということで、女性聖闘士はマスクをつけているんですよね。

 

しかしこの瞬はマスクをつけていない…。

 

星矢たちが殺されていないということは、瞬は星矢や氷河など複数の男性を愛しているのか…。

 

もしそうであれば、これまた大変批判を受けそうな設定ですね!

 

ただし、近年の派生作品では仮面を着けない女性聖闘士も増えているそうで、この掟は実質的には有名無実化しているそうです。

 

女神アテナを守るのは少年のみ=女性聖闘士は女性であることを捨て、素顔を見せてはならない

 

というのが時代に合っていないというのは確かにその通りかも。

 

ただ、この掟があることで、素顔を見られた女性聖闘士が2つの選択で苦悩するというのも、物語を盛り上げているひとつの要素だったとは思うんですけどね。

スポンサーリンク

 

Eugene Sonさんの顔画像は?

ファンの批判にTwitterで応じた脚本家のEugene Sonさんですが、

 

「聖闘士が全員男なんて時代遅れ!」

 

発言に批判が集中すると、Twitterアカウントを削除して逃亡してしまいました…(;^ω^)

 

そんなEugene Sonさんの顔画像はこちら。

国籍は韓国とのことです。

 

ネット上では

 

「女体化するのが好きだから自分の趣味で女体化した!!と言ってくれたほうが潔くて応援する」

 

という声もありましたよ(笑)

 

ともあれ、Twitter削除して逃亡しちゃったのはまずいですよね…。

 

本当に信念があってやったことだったのなら、堂々としていればいいものを。

 

アンドロメダ瞬の女性化に関しては、車田正美先生にももちろん許可を取っているはず。

 

それなのに逃げちゃうのはないですよね。

 

ここまで来て「やっぱり男性に戻します」というのはないと思いますが、いったいどんな作品になるのか。

 

色んな意味で楽しみです!


コメント