有吉ジャポン☆辛活おしゃくれ様☆渋沢一葉の妹は渋沢四季!カップ数、彼氏は?

スポンサーリンク

1/19、0時20分から有吉ジャポンで激辛料理を食べてSNSでアピールする「辛活女子」を特集されます。
今回は辛活女子としてツイッター投稿を行っている、激辛クィーン渋沢一葉さんを調べてみました!

スポンサーリンク

渋沢一葉さんのプロフィール

プロフィール、カップ数、実妹はあの方!?

生年月日:1989年3月10日
血液型:O型
出身地:北海道 興部町
身長:165cm
体型:B,90. W,59. H,90.

味・特技:プロレス観戦、車、ファミコン・エアー足ギター
女子プロレスラーのものまね、リアクション
なんともボンキュッボンのナイスバディですね!
カップ数は…Gカップとのこと!うーん羨ましい…。
しゃくれ顎をチャームポイントととし、有吉弘行さんにおしゃくれ様とあだ名をつけられたそうです。
渋沢一葉さんと有吉さんは何度か共演経験があるみたいですね。
また、プロレス観戦が趣味で、プロレスに携わる仕事をしたいと芸能界を目指したそうです。
そんな渋沢一葉さんの妹さんはプロレスラーの渋沢四季さん!
ご姉妹でプロレス好きなんですね!
姉妹仲もとても良いみたいで、Twitterにお二人で撮った写真がたくさんありました。
Twitterにはお二人でプロレス観戦している様子もつぶやいていました。
こんなきれいなお二人がプロレス観戦していたら、プロレスそっちのけでお二人ばかり見てしまいそうです(笑)
以前、アントニオ猪木酒場へ行き、食事したことがあります。
そこではアントニオ猪木の試合がテレビで流れているのですが、流血映像が出てくるので、どうも見ながらご飯食べたくなくなってしまうんですよね…食欲が(笑)
ですが、プロレスのエンターテインメント性は素晴らしいですよね。
ヒール役がほんとに悪者!!って感じのいでたち。
「あいっ!あいっ!」とか言いながら、胸を真っ赤にしながら相手のチョップを受けるところとか。
なんでなん??ってところが、とても面白いと思います。
…上記感想はプロレスをあんまり見たことのない、素人意見です、語彙力なく申し訳ない(笑)

彼氏はいるの?

渋沢一葉さんのTwitterを見ましたが、彼氏がいらっしゃるかどうかはわかりませんでした。
ご家族のことをつぶやかれることが多い印象です。
ですが、こんなにお綺麗でナイスバディ!!
その気になれば男性はほおっておかないでしょう。
今はお仕事を優先されている、という感じなのでしょうか。

激辛大好き渋沢一葉、まさかのあれにタバスコを!?

とっっっても幸せそうにトウガラシの香りを嗅いでますね(笑)
私も辛い物が好きですが、嬉々としてトウガラシの香りは嗅がないかな(笑)

そんな渋沢一葉さん、まさかのものにタバスコをかけている画像をTwitterに投稿されていたので驚愕!!!

それが、これです!!

……わかりますか??

まさかのショートケーキにタバスコですっ!
渋沢一葉さん曰く、「エッグベネディクトみたいな味」とのこと。
ひえーーーっほんまかいな??

辛いの好きな私ですが、ケーキはケーキで食べたい…。
キュウリに蜂蜜でメロン!みたいにショートケーキにタバスコでエッグベネディクト!
になるのでしょうか?
とってもとっても気になりますが、試す勇気は私にはございません…。
ケーキがもったいない、と思ってしまう貧乏性でもある私でございます…。

もし試された方がいたら、本当にエッグベネディクト味だったのか、こっそり教えてくださいね。

渋沢一葉さんに挑戦してもらいたい北極ラーメン

皆さんは蒙古タンメン中本をご存知ですか?
私はこちらの北極ラーメンが大好きです!
初めて見たときはこの真っ赤さになんじゃこりゃぁぁー!?状態。
食べても「ごほっ!」とむせるわで、苦痛でした(笑)

でも食べ進んでいくと辛さの奥にあるうまみが病みつきになり、あんなにむせてしまう赤いスープも「もう一口…」とドンドン飲んでしまうので不思議。
具材ももやしと豚肉で、この豚肉がまた合うんです。
病みつきになっていたころは週に2回食べに行ったりしました。
頻繁に食べていると慣れるんですよね。
でもたま~~~に行く程度になった現在、次の日はお腹がやられます…。
慣れてないで食べる方は食前に豆乳、次の日は休みの日に食べに行ってみてくださいね!

この北極ラーメン、辛い物特集されるとよくでてきますよね。
こんなに辛い物好きな渋沢一葉さんのことだから、もうすでに実食済でしょうか?
ぜひとも渋沢一葉さんの北極ラーメンの感想を聞いてみたいです。

まとめ

今回は有吉ジャポンに出演される、激辛大好き渋沢一葉さんについてをまとめてみました。
渋沢一葉さんは有吉さんに顎を吸い付かれたことがあるらしいです(笑)
お二人の仲もとてもいいんですね。
顎がしゃくれているとコンプレックスに思ってしまいますが、そのコンプレックスを悲観せずに武器にして、チャームポイントへ変えてしまう渋沢一葉さん。
そういうところも渋沢一葉さんの可愛らしくて素敵なところだと思いました。

有吉さんとのやり取り、番組でどれくらい辛い物を食べるのか、今から有吉ジャポンが楽しみです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする