うながっぱの熱中症対策とは?中の人は大丈夫?仕組みをご紹介!

スポンサーリンク

うながっぱ 中の人 熱中症 対策 仕組み 心配

By:うながっぱPR隊Twitter

毎日毎日暑い日が続きますね…。

連日、熱中症で命を落とされた方や体調を崩された方のニュースが飛び込んできます。

日本気象協会によると東京ではこの100年の間に平均気温が3.2度上がっているそうです。

最低気温は4.4度も上がっているそうで…寝苦しい夜が増えたのはこれが原因でしょうね。

最高気温も1.7度上がっています。

そんな中、天気予報で最高気温を紹介されることが多い岐阜県多治見市のマスコットキャラクター、『うながっぱ』は熱中症にならないの!?と心配されています。

着ぐるみの中は風も通らないですし、外より暑いのは安易に想像がつきますよね。

確かにうながっぱの中の人の体調が心配になります…。

そこで今回はうながっぱのプロフィールや、うながっぱの熱中症対策を調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

うながっぱのプロフィール

うながっぱ 中の人 熱中症 対策 仕組み 心配

By:うながっぱ公式サイト

名前 うながっぱ
性別
出生地 虎渓山(多治見市にある山)の麓
年齢 不詳
身長 125cm
体重 26.5kg
趣味 食べ歩きと永保寺での座禅
好きなこと 水遊び
好きな食べ物 多治見あられ
好きな音楽 クラシック

2007年8月16日、岐阜県多治見市が日本国内で最高気温40.9℃を記録したことなどから、「日本一暑い町」として観光誘致活動を行うためにうながっぱは製作されました。

…私は暑いのが苦手なので、日本一暑い町と言われると行きたくなくなりますが、うながっぱが産まれた虎渓山永保寺は緑も多くて涼しそうですね(フォロー)

うながっぱは多治見市名物の“ウナギ”と多治見市に伝説が残る“河童”を合わせて、アンパンマンなどで知られるやなせたかしさんによってデザインされました。

うながっぱが好きなの食べ物は“多治見あられ”とのこと。

いや、そこはキュウリじゃないんかーい!!という感じですが、多治見市のマスコットキャラクターとして多治見名物をアピールしているんでしょうね!

うながっぱはできる子なんです!

見かけによらず?クラシックが好きなうながっぱ。

よく野菜や家畜にクラシックを聴かせると美味しくなると言いますが、もしかしてうながっぱも……げふんげふん。

スポンサーリンク

うながっぱの活動

うながっぱの主な活動は、多治見市のPRおよび暑さ対策の啓発活動として、毎年うながっぱうちわを配布しています。

今年のうちわの配布は、7月24日~8月24日の期間で、”4″と”9″の付く日に行うそうです。

この”4″と”9″は最高気温の40.9℃からきています。

4の付く日はJR多治見駅南駅前広場、9の付く日はJR多治見駅北側の虎渓用水広場横で行うそうですよ!

今年のうちわは「インスタ映え・SNS映えする」というのをイメージした吹き出しパネルのユニークなデザインということです。

どんなうちわが配られるか探したのですが、画像は見つかりませんでした…当日のお楽しみでしょうか?

夏休み等で多治見市に行かれる方はうながっぱうちわを貰ってみるのも記念になるかもしれませんね^^

さて、暑さ対策の啓発活動を行っているうながっぱ。

今年も7月12日から多治見駅前などで水筒をぶら下げ、街の人に『水分をしっかり摂るように!!』と呼びかけています。

しかし、この姿にネット上では

「おいおいおいうながっぱのが死ぬぞ」

「中の人大丈夫なんだろうか」

「苦行でしかないー」

と、うながっぱを心配する声が続出。

着ぐるみ内の温度は外気温より7℃上昇、湿度は80%以上になるという研究結果がありました。

この状態で動き回るわけですから、熱中症間違いなしですよね…。

しかし、これまでにうながっぱの中の人が熱中症になったことはないそうです。

うながっぱはどのような熱中症対策をしているのでしょうか?

うながっぱの熱中症対策は?

うながっぱの中の人を心配する声は、多治見市の産業観光課にも届いているそうです。

多治見市産業観光課は、猛暑の中で行ううながっぱの活動について、こう説明しました。

「報道機関からの依頼もあって、暑い時間帯に活動することもありました。しかし、具体的な中身は言えませんが、暑さ対策は取っており、細心の注意を払っています。活動の時間も、15分程度に制限しています」

出典:J-CASTニュース

うながっぱがぶら下げている水筒の中には、スポーツドリンクが入っていて、こまめに水分を補給しているそうです。

テレビでもよく特集されていますが、普通の水分をとっても効果がないので経口補水液を上手に摂取するようにしたいですね。

 

水分を一気に摂ると体内の塩分が排出されてしまうため、こまめに水分を摂るように気を付けましょう。

今回の取材で多治見市はうながっぱの中はヒミツ、としていましたが、過去にうながっぱの中についてとくダネ!で特集されたことがあるのでご紹介しますね!

2010/8/1908:26:23

今、とくダネ!でやってました。
ファン(扇風機)付きベストを中に着込んでいる為、
うながっぱくんの中は、屋外でも34℃程度だそうです。
外気があまり入らなくても、中の空気をうまく循環させると
いいみたいですね。

出典:Yahoo!知恵袋

どうやら中に扇風機のついた洋服を着て、中で空気を循環させているんですね。

 

こちらの商品は上半身全てをカバーしているので、気持ちよさそうです。

家庭用であればこういった商品がよさそうです。

 

保冷剤だけではなく、氷や水でもOKなところが使い勝手よさそうです。

 

お子さんの熱中症対策に。かわいいくまもん柄なので、お子さんも嫌がらずにつけてくれそうですね^^

まだまだ暑い日が続きますから、うながっぱの熱中症対策を参考に、私たちも充分気を付けていきましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする