小林遼(こばやしはるか)の顔や卒アル、出身校は?新潟女児殺害遺棄の犯人

スポンサーリンク

小林遼 顔画像 新潟女児殺害 犯人

By:Abema NEWS

5月7日に起きた大桃珠生さん殺害の犯人がついに逮捕されました。

1週間動きのなかったこの事件、ようやく新潟県警は近くに住む小林遼容疑者を逮捕しました。

小林遼容疑者は事件後から行方不明となっており、家族が心配し警察が行方を捜していたそうです。

…事件後すぐに姿をくらませていただなんて、警察はこの時点で怪しいと思っていたでしょうね。

今回は小林遼容疑者の顔画像や出身高校などをネットやTwitterで調べてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

小林遼容疑者、任意同行の瞬間

事件後から行方不明となっていた小林遼容疑者。

5月14日の朝、遺体発見現場より4km南東にある道の駅「新潟ふるさと村」の駐車場で任意同行を求められました。

黒い軽自動車を、警察の車3台が取り囲むように止まり、警察官が5~6人降りてきて軽自動車の中にいた小林遼容疑者に声を掛けました。

警察に囲まれてから10分、小林遼容疑者は白い無地の半袖Tシャツ姿で、暴れる様子もなく軽自動車から出てきました。

小林遼容疑者の黒の軽自動車はレッカーされたそうです。

ん?黒い車だったの?

たくさん目撃されていた白い不審な車はいったい…。

小林遼容疑者を油断させるための嘘だったのか、それとも本当に他にも不審な車があるのか…。

もし後者だとしたら、警察には今後パトロールを強化してもらいたいですね^^;

スポンサーリンク

小林遼容疑者の顔画像

こちらが小林遼容疑者の顔画像です。

小林遼 顔画像 新潟女児殺害 犯人

By:YOMIURI ONLINE

えっ??

うすら笑いを浮かべている…???

この小林遼容疑者と同じように逮捕時ニヤニヤしたり薄ら笑いをしている犯人がいますが、これってどういう心境なんですかね…。

逃亡生活に疲れて、でも自首する勇気はないから「これで終われる…」という安堵の顔なのか?

それとも精神障害がある方なのか…。

ともあれ薄ら笑いを浮かべる犯人を見る被害者の家族は、辛くて悲しくて苛立つでしょうね…。

お家同士が徒歩1分くらいの場所にあるということですから、近所も近所。

もちろん顔見知りでしょう。

顔見知りだからこそ、親族の怒りや悲しみは計り切れません。

スポンサーリンク

小林遼容疑者の卒アル写真と出身中学

なんと『NEWS23』は卒アル写真を入手していたようで、番組内で公開されました。

小林遼 顔画像 卒アル 中学 新潟女児殺害 犯人

By:NEWS23

こちらは中学校の卒業アルバムの写真になります。

思いっきり面影がありますね。

なんでしょう、害のない顔と言いますか、クラスでもおとなしい存在だったのではないかなという印象を受けます。

かわいい感じを受けるお顔の小林遼容疑者が8年後には殺人事件を起こすなんて…想像できないですよね…。

こちらの卒アルで小林遼容疑者の出身中学は、小針中学校で1994年に卒業したということがわかりました。

スポンサーリンク

小林遼容疑者の卒業高校

小林遼容疑者は中学校卒業後、工業高校へ進学します。

各報道機関が「西区内の工業高校へ通った」と報道しています。

「新潟県 西区 工業高校」で検索すると新潟県立新潟工業高等学校のみがヒットしました。

小林遼容疑者の卒業高校は、新潟県立新潟工業高等学校で間違いないでしょう。

実はマスコミが「西区内の工業高校へ通った」と報じる前、5月14日の20時30分頃にあるTwitterの投稿が話題になりました。

小林遥 Twitter 顔画像 中学校 高校 工業高校 新潟女児殺害 犯人

By:Twitter

すでにこちらの投稿は削除されていますが、小林遥容疑者と同級生だった方のお宅にマスコミが「卒アル貸して」と来宅したというのです。

その時に「犯人は1994年に小堀中学校卒業、高校は新潟工業高等学校へ進学した」というようなことを話したようなんですね。

それを家族から聞いた投稿主は、ついついつぶやいてしまったのでしょうね…。

マスコミが家にくるなんて経験がないからわかりませんが、勝手に「犯人は1994年に小堀中学校卒業、高校は新潟工業高等学校へ進学した」というようなことを話してしまっていいんですかね…。

スポンサーリンク

まとめ

不審者や不審な車の情報だけで進展のなかった新潟女児殺害事件。

ついに犯人逮捕となりました。

大桃珠生さんがはなしかけられた、全身黒ずくめの男は小林遼容疑者だったのでしょうか?

不審な白い車とは?単なる間違い情報?

等々不明点はまだまだたくさんありますが、これから徐々に解明されていくでしょう。

大桃珠生さんのご冥福をお祈りいたします。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする